注文住宅を建てる時には何を意識すると良い?家づくりで重視したいポイントなどを解説

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てたいとき何を意識するのが良いのか、意識すべき重要なポイントなど初心者にも分かりやすく解説します。最近は家を建てる人が多くなっていて、一種の流行のような形になっているけれども、家を建てるためには土地が必要不可欠です。そのため、土地の探し方のコツや成功するための秘訣などもご紹介していますし、家を作るときに費用な予算など幅広く触れているので参考にされると良いでしょう。

注文住宅を建てる時には何を意識すると良い?家づくりで重視したいポイントなどを解説

注文住宅を家を建てるとき、家づくりで最も重視しておきたいのは家事動線と生活動線の2つです。
家事動線は家事を行う作業効率に繋がる注文住宅の間取りを考える中で重要なもの、生活動線も家族が快適に生活するために欠かせません。
ちなみに、リビングルームの近くや寝室の近くにトイレを設けるのは良くないといわれていますが、リビングの場合はお客さんが訪れた際にリビングからトイレを使っている音が聞こえるのは良くないなどの理由があります。

注文住宅を建てる時にはコンセプトを決めることが重要

注文住宅を建てるにあたっては、まずコンセプトをしっかりと決めることがポイントです。
どんなテイストにしたいのか、何に重きを置く家にするのかを家族で話し合って決めましょう。
コンセプト作りが必要な理由としてまず挙げられるのが、予算オーバーを防ぐためです。
注文住宅は自由設計のため、どうしてもあれもこれもしたくなります。
けれども欲張るとどんどん費用も高くなってしまいます。
その結果、予算内の工事ができなくなるのです。
しかしきちんと「これだけはやる」というのを決めておけば無駄に工費を使わずに済みます。
次に、家のテイストが明確であれば外観も内観もバランスの取れたおしゃれな家が完成します。
住宅設備やインテリア、家具なども選びやすくなるでしょう。
何をどうしたいのかが曖昧では、業者に希望イメージを伝えることもできません。
それでは業者も困ります。
思うような家が建てられないのではせっかくの注文住宅が勿体ないです。
しっかりと事前に「これだけは絶対やりたい」部分を確定することが重要です。

注文住宅の依頼先はどうやって決める?

家の購入を検討する際に最初に考えるのはすでに建物が建てられて販売されている建売住宅を選ぶのか、デザインや間取りや機能などを自分達の希望で選択することが出来る注文住宅を選ぶのかという点です。
人と被らない自分や家族の希望やライフスタイルに合わせた家づくりをしたいと考えるなら、注文住宅を選ぶことをおすすめします。
注文住宅を購入する場合の依頼先は主に3つあり、ハウスメーカーへの依頼と建築家による設計が行える設計事務所への依頼と工務店への依頼に分かれます。
ハウスメーカーと設計事務所と工務店はそれぞれに特徴があり、得意にしていることやあまり強くない所などがあります。
それぞれの特徴をまずは知り自分達が家づくりに詰め込みたい希望や、予算などを整理して長く付き合える会社を選ぶことが大切です。
それにはまず家族で自由度の高い注文住宅で、自分達が優先したいことは何なのかを話し合い優先したいことに強い会社を探すことが重要です。
施工実績が豊富でアフターメンテナンスの内容なども、調べてからパートナー選びをすると良いです。

注文住宅は耐震性能を意識して建築する

注文住宅はその名の通り自分や家族が希望する間取りや住宅設備や外観などのデザインなどを注文して、家づくりを進めることが出来る家の種類です。
設計事務所やハウスメーカーや工務店などに依頼して、世界に一つだけの家を作ることとなります。
自由度の高い家づくりが最大のメリットな注文住宅では、耐震性能を意識して建築を依頼することをおすすめします。
日本は地震大国と言われるほど世界的に見ても地震の多く発生する国で、大きな震度の地震が発生すると家の全壊などの被害が多く発生します。
大きな地震が来ても家を守る為の機能や設備が年々進化していて、耐震性能を売りにした家も販売されています。
家の購入は多くの人が住宅ローンを組み、長い年月をかけてローン返済を行っていきます。
資産として家を守る為にも、耐震はこだわって家づくりを行いたい所です。
長く付き合える会社を見つけて家づくりの希望を話し合う際に、耐震という重要ポイントをまずは話し合ってみてはいかがですか。

注文住宅を建てる時は気密性や断熱性を重視する

注文住宅はすでに建てられた家が売られている建売住宅とは違い、建てる人の意見を取り入れた自由度の高い家づくりが出来る点が多くの人達から支持されています。
家の外観やデザインや家づくりに使われる建材などはもちろん、内部の間取りや住宅設備なども自由に選択することが可能です。
自由度が高い分建ててから後悔しないように、よく業者と話し合いながら世界に一つだけの注文住宅を依頼することをおすすめします。
注文住宅を建てたいと考える人に、今是非取り入れてほしいのが気密性や断熱性を重視した家づくりです。
気密性の高い家は家の中の隙間をなくして、外部の空気を室内に出入りさせないメリットがあります。
断熱性は家の外部からの熱や空気を伝わりにくくする働きがあり、家の中の気温を一定に保つことが出来ます。
この2つを意識した家づくりをすると近年話題となっている光熱費の高騰の対策に大きな効果があり、ヒートショックの予防といった健康面でのメリットも多くあります。
自由に詰め込める注文住宅を選択したいという人は、この2点にこだわった家づくりを検討してみてはいかがですか。

テレワークに困らない注文住宅の間取り

テレワークを推奨する企業が増えています。
注文住宅の購入を検討している人の中には、家で仕事をすることを前提した間取りにしたいと考える人も多いでしょう。
すぐに思いつくのは、家族の部屋とは別に、書斎などの仕事専用の部屋を設けることです。
独立した部屋があれば、作業に集中しやすいですし、リモート会議の際に家族の行動を制限する必要がなくなります。
ただ、部屋数を増やすことで、他の部屋が狭くなってしまったり、個性的な間取りになることで資産価値が下がる可能性がでてくるといったデメリットがあります。
将来子供が独立した場合、部屋が余ってしまうという心配もあるかもしれません。
おすすめなのは、リビングや寝室を広くとり、その一角に仕事用のスペースを設けておくことです。
子供が小さいうちは、子供部屋を仕事部屋として使用し、子供の成長とともに独立した子供部屋が必要になったら、その仕事用のスペースに作業場所をシフトさせていくのです。
これならば、無駄に部屋数を増やすことなく、家での仕事が可能となります。
間取りを自由にできるところが注文住宅の魅力ですが、長い目で見た場合に無駄なスペースができないように考えるのも大切なことといえるでしょう。

子育て中の方が注文住宅を建てる際のおすすめの間取り

子育て中の家庭は、子どもの様子を常に確認しなければいけません。
特に小さな赤ちゃんの場合は、ちょっとだけ目を離した隙に事故に遭う可能性もあります。
大人の目が届く環境を作らなければいけないので、注文住宅にもおすすめの間取りがあります。
子育て中の家庭におすすめする注文住宅の間取りとは、カウンターキッチンです。
カウンターキッチンなら、料理をしつつリビングで子どもを遊ばせることができます。
お皿洗いなども様子を確認しながらできるので、安心感があるでしょう。
少し成長し小学生ぐらいになったら、注文住宅のダイニングなど目の届く範囲で勉強をさせながら家事も可能になります。
近年の注文住宅で減りつつありますが、和室もおすすめの間取りです。
和室はフローリングよりも柔らかいので、お昼寝させるときにぴったりです。
一緒に添い寝しつつお昼寝をさせたり、転んでも怪我をする可能性が低いので、室内で思いっきり遊ばせることができます。

注文住宅でこだわりたいキッチンのポイント

注文住宅を検討する場合、キッチンの広さは生活するうえでストレスになりかねないために、慎重に選んでおく必要があります。
広さは十分にとっておくのはもちろんのこと、できれば臭いをリビングに持っていきたくないという人は、キッチンのところに扉を付けて占めておくと臭いがこもりません。
カウンター使用にする場合は、冷蔵庫の位置やコンセントの場所を確認しておく必要があります。
冷蔵庫が遠くにしか取り付けられないといった場合は、調理場所から遠いために食材を取りに行くのにストレスを感じやすいです。
注文住宅を購入する段階で、設計士さんにあらかじめ相談しておくと良いでしょう。
換気扇の場所や、窓を付けるなどの工夫もあるかもしれません。
勝手口を付けておけば、ごみを出すのにわざわざリビングを通らずに済むために臭いがこもらないのが魅力です。
夏場は特に影響されるために、少し外に置いておくと、家の中を広く使えるメリットがあるためにおすすめといえます。

注文住宅で後悔しない収納スペースの作り方

注文住宅を建てる時に必要なのは、もちろん家の広さを最大限に引き出す家にすることも大切ですが、たくさん収納できる場所を作っておくと見た目もすっきりとして、部屋の広さを最大限に活かせます。
そのために収納場所をいかに効率よく設けるかで、家具の数がとても減るために、部屋の広さが確保できるのです。
注文住宅であるために、間取りの決定は設計士の方と相談しながら決められるのが魅力といえます。
ウォークインクローゼットは外せないところで、あるだけでスーツなどもかけて保管できるため、箪笥をおかずにいられます。
その分部屋が小さめでも見た目をすっきりさせられ、綺麗な状態でベットなどの家具を置けるのです。
スペースは階段下に作る場合や、キッチンの隣に場所を設けたりします。
キッチンの横であれば食材を保管できる上に食器棚も小さいので済むために、掃除用具を置く場所なども確保しやすいです。
使用方法は無限大であるため、相談しながら決めていくのがおすすめといえます。

注文住宅でリビングの広さはどれくらい?

土地があり家を建てようとなった時に、注文住宅で購入する際、リビングはどれくらいの広さが必要だろう?となることもあるようです。
人それぞれの考え方もありますが、一般的には最低でも18畳は欲しいと感じている人が多いといいます。
現在はリビングダイニングにするのが主流になってきているために、ダイニングテーブルをゆったりとおけるほどの広さが欲しいところです。
13畳だとかなり二つが狭まって狭い印象が出てきてしまうために、もっと広さを得たいと後悔した話も良く聞きます。
注文住宅の場合は自分で間取りを決定できるため、キッチンの位置をどこにするかで土地を活かした広さを演出可能です。
空間を広くすると、圧迫感が無くなりデットスペースも少なくすみます。
注文住宅のメリットとして、例えば居間を2階にといったことも可能です。
自分に過ごしやすい家を追求することで、一生大事にできる家を作っていけば良いのではないでしょうか。
出来るだけ広めにとりたいものです。

注文住宅でエコ住宅を建てるメリット

注文住宅をエコ住宅にするメリットは、光熱費の削減です。
通常の住宅よりも断熱性や気密性が高く、外気の温度の影響を受けにくいです。
夏は涼しく冬は暖かくなるので、冷暖房を効率的に使えて使用量を減らせます。
そのため電気代を中心とした光熱費を削減できるため、家計に優しい注文住宅になるわけです。
さらに光熱費を削減したいなら、注文住宅を建てるときに太陽光発電を設置すると良いでしょう。
太陽光発電を設置すると、自宅でエネルギーを創り出せるようになるので電気代をさらに節約できます。
自宅で消費するエネルギーをすべて賄うことも可能ですし、余力があれば電力会社に販売することもできます。
つまり光熱費が実質無料に近い状態にまで持って行けるので、家計の負担を大きく減らすことが可能です。
光熱費の削減以外にも、注文住宅をエコ住宅にすると寒暖差が少なくなって暮らしやすい、メンテナンスの手間が減ったり補助金が出るなどのメリットがあります。

注文住宅で高低差のある土地を活用するポイント

高低差のある土地は、注文住宅に適さないと思うかもしれません。
しかし高さを上手に生かせば、ベストな土地になるでしょう。
注文住宅の土地が道路面よりも高い場合は、駐車スペースや収納場所を作るのがおすすめです。
道路面に近い場所に駐車スペースや収納場所を作り、そこから階段や家庭用エレベーターで室内に入るようにすれば、高さを上手に活用できます。
また注文住宅の玄関を敷地の奥側に設置すると、緩やかなスロープや段差で移動できるようになり、高齢者でも安心して暮らせる住まいになります。
反対に土地が道路面よりも低い場合は、注文住宅の2階に玄関を作るのがおすすめです。
2階部分にはキッチンやリビングなど通常1階にある部屋を配置して、1階には寝室や子ども部屋を設けると良いでしょう。
道路の反対面が設置していない丘陵地などの場合は、リビングから素晴らしい眺望を楽しむこともできます。
高低差を生かすことによって、平坦な土地ではできない家づくりが可能です。

注文住宅なら狭小地も上手く活用できる

注文住宅は、狭小地だけでなく歪な形の建築用地や高低差のある建築用地など様々な問題を抱える建築用地をうまく活用する事ができます。
大手ハウスメーカーの企画型の住宅は、標準的な構成の家族に対応した間取りが用意されており、予め用意されている間取りが施主の保有地にはまらなければ建築する事ができません。
しかし、注文住宅は、間取りや外観など全てを自由にできる事が最大の魅力であり、住宅の角を直角に限定する必要がないのでどんな歪な土地でも狭い土地でも対応する事が可能です。
極論を言えば、正方形や長方形の角張った間取りではなく円形の間取りの住宅を建築する事も可能であり、建物の一部が独立柱によって支えられているピロティや現代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトが得意とした直線が美しいキャンティを取り入れる事も可能です。
また、注文住宅は、家の中に駐車場を設けるガレージハウスも可能であり、狭小地をよりうまく活用できます。

家族の人数から考える注文住宅の間取り

注文住宅をこれから建てようと計画中の方は、どのような間取りにするかという点で悩んでいるのではないでしょうか。
住まいの広さは、やみくもに広くすればよいというものでもなく、逆に家族の人数に見合った広さが確保されていなければ快適性が得られません。
そのためにも自分たちの暮らしに見合った広さや間取り、部屋数を注文住宅メーカーの担当者と打ち合わせて、ベストなプランを決定していくようにしましょう。
一般的に言われるのが「人数プラス1部屋」という間取りの考え方で、これに基づくと夫婦と子供1人の3人家族であれば4LDKとなります。
夫婦の寝室とそれぞれの個室、そして子供部屋を確保するのであればこの通りとなりますが、夫婦それぞれの個室はいらないとか、子供はいずれ独立するため学習スペースのみ確保するなどといった考えなどがありますので、全員でしっかりと話し合って住まいの全体像を明らかにしていくようにしてください。
暮らしに合わせたプランニングが可能な点が注文住宅の魅力ですから、希望を出し合いそれぞれの思いを間取りに反映させられれば、より快適で理想的な住まいに近づけることができます。

採光や風通しに優れている注文住宅の特徴

注文住宅を建てる時に何が気になるかと言うと、家自体の住み心地や暮らし易さではないでしょうか。
広々とした窓が設けられていて、室内にいても外にいるかの様な目線で緑や装飾物を置いてゆったりとした気分が味わえるのも良いかも知れません。
採光が十分なので、無駄な冷暖房費を使わなくても良く、その分毎月の光熱費がお得になります。
又子育て中と言うのであるならば、室内がきれいなので、子供達に余計な負担をかけなくて良いので安心です。
しかしながら注文住宅を建てるのは、そうそう良い事ばかりではありません。
周りに住宅がひしめき合っているならば、窓が大きい分だけ外から丸見えになってプライバシーが殆どない家になってしまうのです。
又窓が広い分それらを作る時に余分な出費がかさんでしまい、こんな筈ではなかったと後悔する羽目になってしまいます。
その上断熱性が下がってエアコン代が高くなります。